けふっとしてそこはかとなく笑えてこわくてだだっぴろい世界へ。ただいま超不定期更新中(なかにしけふこ)
by hortus71
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


怪談短歌百物語2010【61】~【80】

怪談短歌百物語2010、【61】から【80】まで再掲します。
ラストスパートが効いてきました。あと5日で完走できそうです。短歌関係のみなさまぜひご参集ください。



【61】北風の強い夜です まっしろな肌の女性に宿を貸します(風) 牧野芝草(@mkss)

【62】あれも北口だから引き返すぼくたちがポケットから見せあう手と手(北)/我妻俊樹(@gatuma)

【63】雪、雪、雪、みはるかす街まっしろにうもれる僕らの冷えてゆく膚(まっしろ)/なかにしけふこ (@mmktn)

【64】 どれもみな北口だから降りてみる君のその手に林檎わたして (北、手)/なかにしけふこ (@mmktn)

【65】白き手に赤き林檎を抱きしめて何を語るや声もださずに(手、林檎)藤原桐子(@niaonmo)

【66】声もなくたべてるひとをとめないでその赤林檎有毒につき(声、林檎)/なかにしけふこ(@mmktn)

【67】紅に染まる喉元見つめつつ女は笑う声をしのばせ(声)/藤原桐子(@niaonmo)


【68】笑っちゃえ笑っちゃえったら笑っちゃえなんでここにオバケがでるの?(笑)/なかにしけふこ(@mmktn)

【69】あいつ廊下はあかるくしてっていったのに喉にむずがゆい腫れがある(喉)/我妻俊樹(@gatuma)

【70】君の香に誘われさまよう真夜中に廊下の果ての迷宮に入る(廊下)/藤原桐子(@niaonmo)


【71】去年からドアの隙間にすむ守宮(やもり)このごろ人の言葉を話す(宮)/島なおみ(@shimanisenjyu)

【72】ただひとつまことの言葉をくださいと闇の中から何某の声(言葉)/藤原桐子(@niaonmo)


【73】ひそやかな闇がこの身をつつみゆく甘い吐息とかたる目をして(闇)/藤原桐子(@niaonmo)


【74】めくるめく青空とほく闇にひかり心吸はるる無限回廊(廊)/なかにしけふこ(@mmktn)

【75】雪の日の文字と文字との隙間より黒く幽けく湧ける海鳴り(隙間)/なかにしけふこ(@mmktn)

【76】青空に月だけがあるわたしたち月に似たまま苦しんでいる(青空)/我妻俊樹(@gatuma)

【77】みたものをけしてかたつてはなりません僕らの秘密の月の裏側(月)/なかにしけふこ(@mmktn)

【78】君の裏側でわらつてゐる人が君に代わつて蠢く真昼(裏)(側)/オカザキなを (@nawon)

【79】ちはやふるわたつみの火の赤い血を真珠と見紛う雪のつとめて(血)(雪)/八柳李花 (@jeusupreme)

【80】断頭後まだ温かい血が流れ赤く染まった手袋を脱ぐ(血、赤)/牧野芝草 (@mkss)



遊び方を再掲します。


一語摘み怪談短歌百物語をします。
【 】の中に何番目か、番号を入れてください。
前の番号の歌から摘んだことばを皆さんの作品の末尾に( )でいれてください。
最後にタグ #tanka100storiesをつけてください(#の前は半角空け推奨)
100個集まったら2巡目行きましょう。怖い短歌を詠んで読んで皆で涼しくなりましょう。
一語摘みでは苦しくなったら適宜新しい題材を投入して下さってかまいません。
みなさまのホラーを短歌に託しましょう。

牧野芝草さんが書式を簡要にまとめてくださいました。ありがとうございます。
こちらでどうぞ。
【番号】前の歌から一語をもらった怪談短歌(拾った一語)/名前 QT @前の人のtweet +ハッシュタグ 
で お願いします。

それではみなさま引き続きよろしくお願いいたします。
# by hortus71 | 2010-12-26 08:25 | 納涼怪談短歌百物語2010

『トルタの国語 冒険の書』に西脇論を書きました。

ヴァーバル・アート・ユニットTOLTAの国語教科書『トルタの国語 冒険の書』に西脇順三郎論「記憶のプールとはかなさの詩法」を書きました。
ご依頼下さった河野聡子さんありがとうございました。

『超現実主義詩論』と『Ambarvalia』、『古代文学序説』と『旅人かへらず』、『第三の神話』『近代の寓話』の散歩の詩学と『えてるにたす』の永遠賛歌を経て、『ボードレールと私』『漢語とギリシア語の比較研究ノート』に至る中世的引用のプールと「眼の宗教」の詩学について書きました。ぜひ。

『トルタの国語』は12月5日の文学フリマで、トルタブースで販売されます。
通販もあります。
詳しくはトルタブログのこちらの記事をごらんください。
# by hortus71 | 2010-12-02 09:11 | けふ詩への道

怪談短歌百物語2010 【53】~【60】

怪談短歌百物語、【53】から【60】まで再掲します。
31日までに確実に1巡目達成ですね。
そしてここでまさかの展開に…。


【53】 腹ばいになりまどろめば魚の卵われをくすぐり孵化はじめたり(腹) 
                               東直子(@higashin)


【54】べとべとの壁にもたれて至福とは明日を司れることです(べとべと)  
                               東直子(@higashin)


【55】眠る海にいまいっせいにからだから孵化しはじめる君のまぼろし(孵化) 
                               なかにしけふこ (@mmktn)

【56】常春の疎林の花にもほろびなき至福の島に老ゆるかなしみ(至福)  
                               なかにしけふこ (@mmktn)


【57】老い人に惚れたる少女体液を分かちあうたびすさまじき膚(老)  
                               東直子 (@higashin)

【58】たまゆらの若さ吸はるるくびすぢに縺るる髪のすさまじきかな(すさまじき) 
                               なかにしけふこ (@mmktn)

【59】東京の五月下旬の若葉まであかい炎につつまれた夜(若) 
                               牧野芝草 (@mkss)


【60】若葉乙女にあけき炎のたつみえて風琴遁走曲[おるがん・ふーが]の帝都こひしき(炎) 
                               なかにしけふこ(@mmktn)





遊び方を再掲します。

一語摘み怪談短歌百物語をします。
【 】の中に何番目か、番号を入れてください。
前の番号の歌から摘んだことばを皆さんの作品の末尾に( )でいれてください。
最後にタグ #tanka100storiesをつけてください(#の前は半角空け推奨)
100個集まったら2巡目行きましょう。怖い短歌を詠んで読んで皆で涼しくなりましょう。
一語摘みでは苦しくなったら適宜新しい題材を投入して下さってかまいません。
みなさまのホラーを短歌に託しましょう。
# by hortus71 | 2010-12-02 00:58 | 納涼怪談短歌百物語2010

怪談短歌百物語2010 【46】~【52】

冬ですね。
怪談短歌百物語 【46】-【52】を再掲します。
折り返し点を通過しました。
12月31日までに100首をめざしましょう。
皆様引き続きよろしくお願いいたします。

【46】蝋燭をご持参ください 月のない坂を下って行く者のため(者)/牧野芝草 (@mkss)

【47】街道をひちゃひちゃ歩む者が来て わたしはお前の母だ、と告げる(者)/オカザキなを (@nawon)

【48】蝋燭が尽きてしまった迷宮であたたかな闇がぼくらを包むよ(蝋燭)/なかにしけふこ (@mmktn)

【49】まわりじゅうかたちなきものひちゃひちゃと暗闇のなかのぼくらをなめる(ひちゃひちゃ)/なかにしけふこ (@mmktn)
【50】このかたち裂けているよう五本もの細くて平たい指、蠢いて(かたち)/オカザキなを (@nawon)

【51】闇のなか指だったろうか蠢いてべとべとのぼくらすりつぶすのは(指、蠢)/なかにしけふこ (@mmktn)

【52】おおいなるけものの腹の胃袋でほら裂かれつつ歌え《愛の死》(裂)/なかにしけふこ (@mmktn)


遊び方を再掲します。

一語摘み怪談短歌百物語をします。
【 】の中に何番目か、番号を入れてください。
前の番号の歌から摘んだことばを皆さんの作品の末尾に( )でいれてください。
最後にタグ #tanka100storiesをつけてください(#の前は半角空け推奨)
100個集まったら2巡目行きましょう。怖い短歌を詠んで読んで皆で涼しくなりましょう。
一語摘みでは苦しくなったら適宜新しい題材を投入して下さってかまいません。
みなさまのホラーを短歌に託しましょう。
# by hortus71 | 2010-11-29 16:16 | 納涼怪談短歌百物語2010

怪談短歌百物語2010【41】-【45】

めっきり寒くなりました。
しかし納涼怪談短歌百物語onツイッター(#tanka100stories)はまだまだ続きます。
夏ではないので「納涼」を外して「怪談短歌百物語」としてまだまだ続きます。
12月31日までに100首をめざしましょう。
ホラーは季節を問いません。

遊び方を再掲します。

一語摘み怪談短歌百物語をします。
【 】の中に何番目か、番号を入れてください。
前の番号の歌から摘んだことばを皆さんの作品の末尾に( )でいれてください。
最後にタグ #tanka100storiesをつけてください(#の前は半角空け推奨)
100個集まったら2巡目行きましょう。怖い短歌を詠んで読んで皆で涼しくなりましょう。
一語摘みでは苦しくなったら適宜新しい題材を投入して下さってかまいません。

11月19日現在、【45】まで続いています。【41】から【45】を再掲します。
括弧内は作者のツイッターのアカウント名です。


【41】黒粒がああ隕石だ続々とこれだったのかノストラダムス(隕石) /ぱぐ(@pa55gu)


【42】粒状にして瓶につめ持ち歩く返してなんて言わないでください(粒)/東直子(@higashin)


【43】たれこめる二階の書庫のくらがりのブラックホールとノストラダムス(ノストラダムス) /なかにしけふこ(@mmktn)


【44】日ごと夜ごと風に解かるる審判図その砂粒はいま飛び果てつ (粒) /なかにしけふこ(@mmktn)


【45】永劫にひらかる目あまた生けるままわれに語れる壁の聖者ら (新題投入)/なかにしけふこ(@mmktn)


それではよろしくおねがいいたします。みなさんのホラーを短歌に託しましょう。ツイッタ万歳
# by hortus71 | 2010-11-19 09:17 | 納涼怪談短歌百物語2010

納涼怪談短歌百物語2010 【28】~【40】

九月になりました。
しかし納涼怪談短歌百物語onツイッター(#tanka100stories)はまだまだ続きます。
ほんとうに涼しくなったら「納涼」を外して続くでしょう。
ホラーものは通年です。

9月14日現在までに投稿された【28】~【40】を再録します。
作者名の後の括弧にはアカウント名を入れました。

【29】地の底にぽこんぽこんと泡が立ち魚の影が消えてなくなる(影) /ぱぐ(@pa55gu)

【30】魚の眼魚の肌の住民ら街に満ちくる潮の臭いと(魚) /なかにしけふこ(@mmktn)

【31】喧噪めく静寂流る霧の街かつての気配のみ満ち満ちて(満)/羽根弥生(@kurotoracchi)

【32】霧子って誰だよクラスにそんな奴いなかったってどうして言うの?(霧) /東直子(@higashin)

【33】手首だけ写っていたの誰かしら消しても消しても消えてくれない(誰)/ぱぐ(@pa55gu)

【34】姉かしら妹かしら母かしらあなたの部屋に見えている足(かしら)/東直子(@higashin)

【35】屋根の上駆け回る足ずかずかとやがて部屋まで鼓膜のなかまで(足)/なかにしけふこ(@mmktn)

【36】夢に立つ鞭打つ手首苦行者は自らを打つ亡んでもなお(手首)/なかにしけふこ(@mmktn)

【37】亡き人のbotばかりが昼下がり歌をつぶやくタイムラインだ(亡)/三澤達五郎(@moguras)

【38】月光は細く凝りて終末を統べる装置の一部となりぬ/三澤達五郎(@moguras)
(注;新しいお題投入です!)

【39】終末と見えているのかこの景色ビルにぶつかる飛ぶものの影(終末)/ぱぐ(@pa55gu)

【40】終末はあまたの夜のまなうらに海よ砂漠よそして隕石(終末)/なかにしけふこ(@mmktn)

遊び方を再掲します。

ツイッター上で一語摘み納涼怪談短歌百物語をします。
【 】の中に何番目か、番号を入れてください。
前の番号の歌から摘んだことばを皆さんの作品の末尾に( )でいれてください。
新しいお題の投入もどうぞご自由になさってください!
投稿するときは、末尾にタグ #tanka100storiesをつけてください(#の前は半角空け推奨)
100個集まったら2巡目行きましょう。
涼しくなってもまだまだ続きます。
それではみなさま引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
# by hortus71 | 2010-09-14 18:26 | 納涼怪談短歌百物語2010

納涼怪談短歌百物語2010 【1】~【27】

毎日暑いですね。
現実のほうがよっぽどおそろしい、という見方もありますが、ここはやはりカクーや歌の力で涼みたい。
怖い短歌を詠んで納涼しましょう。

この7月末から歌詠み有志で、ツイッター上でいちごつみ怪談短歌百物語を展開しています。

ルールはこちらです。

一語摘み納涼怪談短歌百物語をします。
【 】の中に何番目か、番号を入れてください。
前の番号の歌から摘んだことばを皆さんの作品の末尾に( )でいれてください。
最後にタグ #tanka100storiesをつけてください(#の前は半角空け推奨)
100個集まったら2巡目行きましょう。暑いので怖い短歌を詠んで読んで皆で涼しくなりましょう。

現在、【27】まで来ています。

一定期間が経つとツイッター内検索のハッシュタグでは拾えなくなるそうです。
よって、【27】までの作品を再掲します。
(作者名の後の括弧内の@***はツイッターのアカウント名です)

【1】 半殺しで逃しはせんぞコラ「ぶーん」吸血生物耳元で鳴き
/なかにしけふこ(@mmktn)

【2】森かげにあざるる死臭たちこめて巨きつぼみらつどふサバトよ
/なかにしけふこ(@mmktn)

【3】ひだり耳だけに聞こえる音があり日ごと近寄るらしき薄かげ(かげ)
/オカザキなを(@nawon)

【4】半月のかたちやさしき耳ふたつ内ポケットにいとしみ撫ぜる(耳)
/羽根弥生(@kurotoracchi)

【5】かたちさえないまま触れるものがいて きいちゃん、と呼べば軋み出す部屋(かたち)
/オカザキなを(@nawon)

【6】拾っても拾っても点々と耳 ぬばたまの夜の皓きしるべと(耳)
/なかにしけふこ(@mmktn)

【7】 やはらかき肌切り裂けば噴き上ぐる嗚呼ぬばたまの黒揚羽蝶(ぬばたま)
/羽根弥生(@kurotoracchi)

【8】僕の部屋カーテン裂けばひかりふる知らない場所にのこされてひとり(裂く)
/なかにしけふこ(@mmktn)

【9】部屋の壁すこしふくらむ隙間よりわたしどうしたのって、わたしどうしたのって(部屋)
/東直子(@higashin)

【10】じわじわとふくらむ白いかたまりをあつかいかねて見ぬふりをする(ふくらむ)
/牧野芝草(@mkss)

【11】見ぬように目を閉じていても見える影ありて(後ろの正面、だあれ)(見ぬ)
/オカザキなを(@nawon)

【12】目のなかの暮夜の校庭いもうとが静かに誘ふけんけん遊び 〈目〉
/島なおみ(@shimanisenjyu)

【13】いもうとの髪の毛がぼくにのびてくる魚のいない湖のなか(いもうと)
/齋藤芳生(@chicayoshi)

【14】森深き主が住むてふ湖に丑三つ時の鐘鳴りわたる(湖)
/ぱぐ(@pa55gu)

【15】「あそびましょ」もう生かしては置けないわ人形の首を折ろういもうと(いもうと)
/なかにしけふこ(@mmktn)

【16】わるいことしてゐるのだらう朱い靴 鐘も届かぬ深い奈落で(鐘)
/なかにしけふこ(@mmktn)

【17】ふうわりと届くはずです魂のないくだものと肉の佃煮(届)
/東直子(@higashin)

【18】しらべ聴くものの魂むさぼりて 背中ふくらむ笛吹き男(魂)
/濃海ひかり(@hikari_deepsea)

【19】入り組んだ身体の裡をしらべればミツカッチャッタ汝の発信機 (しらべ)
/東直子(@higashin)

【20】爛漫に白き明るき部屋でした 壁壁壁に吊さる体(体)
/羽根弥生(@kurotoracchi)

【21】ピカピカのぎろちょんじゃない?黒光りする刃(は)に映る 白き首筋(白)
/濃海ひかり(@hikari_deepsea)

【22】鉄筋のとけだしそよぐ髪となり君の背中にいまとどきます(筋)
/東直子(@higashin)

【23】いまだつてすずんでゐるよあなたにはぞわぞわしてるけはいのみでも(いま)
/ぱぐ(@pa55gu)

【24】わたくしの一等好きなワンピースにあなたの影を縫いつけました(あなた)
/羽根弥生(@kurotoracchi)

【25】プロペラを四つ並べて空を飛ぶ 視界良好 白い一閃(好)
/牧野芝草(@mkks)

【26】 日ごと夜ごとよみひとしらずの定期便 死の国からの好き好き好き好…(好)
/なかにしけふこ(@mmktn)

【27】 うつくしき都市のほろびの一閃を迷はざる手が降らすといふは( 一閃) 
/なかにしけふこ(@mmktn)


つづきます。
# by hortus71 | 2010-08-20 11:42 | 納涼怪談短歌百物語2010

シャービックが冷えるまでの100の質問・回答(2010年夏)

雪舟えまさん作、あの伝説の100の質問に改めて回答しました。


シャービックが冷えるまでの100の質問


http://ch07354.kitaguni.tv/


1.おなまえは。

なかにしけふこ。


2.ホームページをおもちですか。よろしかったらURLをおしえてください。


http://hortus.exblog.jp 場所は確保しました。


3.あなたの生まれた場所はどこですか。

東京都武蔵野市。

More
# by hortus71 | 2010-08-01 23:10 | シャービックQ&A